トップ クレジットカード.comについて 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

クレジットカード.com > クレジットカードの暗証番号

クレジットカードの暗証番号

クレジットカードの暗証番号というものは、カードで支払いを行う時に、その店がICクレジットカード対応店という場合や、クレジットカードを使って、キャッシングを行う場合に、必要になるのです。クレジットカードの暗証番号の入力を行うことの意味合いは、暗証番号はカード会員本人だけが知っていることが前提にされているので、暗証番号が必要になっているカードの利用があるような時には、本人がクレジットカードを使用していることの証拠になるということです。このことは、他人は暗証番号を知っていないから、成りすましをして、クレジットカードを使用するようなことはありえないという前提なのです。

クレジットカードの暗証番号を設定する場合に気をつけておきたいことは、暗証番号は記憶しやすい数字にするのは止めておいた方が良いということです。例をあげれば、誕生日・自分の車の番号・電話番号などの末尾4桁にしてしまうと、もしも、第三者にクレジットカードを盗まれてしまった場合では、悪用されてしまいやすくなるということです。しかしながら、記憶しにくい暗証番号に設定した場合には、忘れてしまわないようにクレジットカードの裏面に記入してはいけません。このようにしてしまった場合では、盗難保険適用外になるので、悪用されてしまった場合には、全額を自己負担になってしまいます。

もしも、第三者にクレジットカードを盗まれてしまった場合には、悪用されてしまいやすくなってしまいます。しかしながら、記憶しにくい暗証番号を設定した場合には、忘れることがないように、クレジットカードの裏面に記入しておくなどのようなことをしてはいけません。このような場合では、盗難保険適用外になるので、悪用されてしまった時には、全額を自己負担しなければならない場合もあるということです。クレジットカードの暗証番号は、第三者が推し量ることができなくて、自分自身が記憶しやすい番号に設定しておけば良いと思います。

暗証番号を忘れてしまう理由については、第三者が安易に予測することができるキーワードは危ないので、自分自身にしか理解できないキーワードを使用することになりました。しかし、最近の情報化社会では、パスワードや暗証番号が使用されたシステムがかなり多く存在しているので、番号を忘れてしまうような場合がかなり多いと考えられています。だから、暗証番号の確認の問い合わせが、かなり増えています。実際に、忘れた場合には、カード会社によって、様々なパターンがありますが、基本的には電話でその旨を伝えることになります。また、後日郵送によって、お知らせという場合も多いということです。

今日のお勧め記事 ⇒ ゴールドカードについて

ゴールドカードというものは、クレジットカード会社の規定によって、多少の違いがあります。しかし、大体30歳くらいの人は、ゴールドカードの入会資格を持つことができるようになります。30歳ならば、ゴールドカードの一枚も所持していても良い年齢なのかもしれないということです。しかしながら、ゴールドカードの場合では、年会費については、一般的なカードと比較すると、高く設定されているのです。だから、高額な年会費を支払うだけの見返りがあるかどうか調査する必要性があります。クレジットカードでのゴールドカードの利点は、所持している場合によるステイタスの高さと充実されているサービスがあります。