トップ クレジットカード.comについて 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

クレジットカード.com > クレジットカード申請時の注意点

クレジットカード申請時の注意点

クレジットカードは、日常的な生活で十分に役に立ちます。しかし、旅行に出掛けた時は、さらに便利に利用することができます。だから、海外旅行に出掛けるために、クレジットカードを取得している人が増えてきているということです。退職や転職などによって、まとまった時間が取れるようになったので、旅行や留学に行く人が増加しているようです。しかしながら、旅行や留学に行く人がクレジットカードを申請する場合には、気を付けるべきことがあります。それは、就職しているかどうかということが、クレジットカードの審査基準の一つに含まれているからです。言い換えれば、学生や無職の人は、審査が通りにくくなるのです。

そしてまた、所持しているクレジットカードの保有数と使用状況などが、審査に影響を与えることになります。特に退職する人や無職・学生の人の場合は、クレジットカードを取得する予定がある時に、次の事項に気を付けて、申請を行う必要があります。所持しているクレジットカードの保有数・使用状況などの審査を行う時に、調査します。このような場合の情報は、1週間から3ヶ月ほど古くなっている情報を元に審査を行います。そしてまた、クレジットカードを多く所持している(十枚以上)場合では、審査にマイナスの影響を与えてしまう可能性があるということです。

クレジットカードの審査の一つには、所持しているカードの保有数・使用状況などを調べられる場合があるのです。審査が通ることができない可能性がある場合としては、カードを多く(十枚以上)所持している人や、支払いの状況が思わしくないような人ということです。しかしながら、更にカードを作成したい場合には、多数のカード会社に申込みをすれば良いということです。その理由としては、他社の申込み情報が各社に出回らない間に、審査を通過させる可能性を高くすることができるはずです。

20歳未満の学生の場合においては、本人ではなく保証人となっている親が審査基準になるということです。だから、親の印鑑さえあれば、学生専用のクレジットカードだけではなく、一般的なクレジットカードの審査も通過できる場合が多くなるようです。20歳以上の学生の場合ならば、学生専用のクレジットカードを取得しておくと良いでしょう。その場合には、学生証が必要になります。卒業後には、一般的なカードに切り替えなければなりません。しかし、それは、自動的に切り替わってしまう会社や審査が通りやすくなっているのが現状なのです。卒業後にフリーター・留学などをする予定の人は、卒業前に作る方が良いでしょう。

今日のお勧め記事 ⇒ ドライバー向けクレジットカード

クレジットカードの中には、ドライバー向けのサービスや機能が付けられているクレジットカードがあります。その内容は、ガソリン代の割引・無料のロードサービス・高速道路料金を大幅に節約することが可能なETC機能などです。そしてまた、自動車関係の保険が付いているクレジットカードもあります。例をあげれば、オリコカードUPty(アプティ)は、シートベルト傷害保険というものが付いています。このカードは、ドライバーにとってのメリットのある保険が年会費無料で付いているクレジットカードなのです。