トップ クレジットカード.comについて 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

クレジットカード.com > クレジットカードの署名

クレジットカードの署名

クレジットカードの紛失や盗まれてカードを使用されてしまった時には、支払いの免除の対象になりません。言い換えれば、損害額は補償されません。まさに、百害あって一利なしということになります。クレジットカード以外のカードにおいても、名前を他人に見られるのが嫌なので、署名欄が空欄の人がおられます。しかし、クレジットカードには、必ず署名しておいた方が良いでしょう。今考えてみると、お客のために署名を奨励するべきであったのだろうか、と思ったりしてみましたが、図々しくなるということなので、止めておいただけでしょう。

クレジットカードで商品を購入した場合には、伝票に署名を記入することになります。その時には、カードに記入した署名と同じ名前を記入します。そしてまた、海外で頻繁にカードを利用してしまう人は、カードの書名欄には、漢字で書いた方が良いということです。その理由としては、外国人に盗まれて不正利用されてしまった場合に、外国人は漢字で署名を記入することが困難なので、少しだけ安全性が高くなります。

クレジットカードによる紛失や盗まれて使われた時には、この署名とレシートのサインの照合を行うことによって、不正な使用を防止することが可能になります。そしてまた、悪用された時の補償や保険の適用については、カードの裏面に署名が記入されていないのであれば、補償が行われない場合があります。規約や契約内容などに、はっきりと記載されている場合もあるということなので、署名は日本語(漢字)で正しく書いておいた方が無難です。日頃から便利に利用することができるクレジットカードであっても、悪意を持っている人に盗まれると、悪用されてしまう道具に変わってしまいます。だから、最低限の自己防衛を行って、クレジットカードライフを心ゆくまで楽しみましょう。

クレジットカードを海外で使用することを想定して、英語で記入した方が良いと考えてしまいます。しかし、実際には、日本語(漢字)で記入した方が、安全性が高くなります。海外で失くしてしまう(紛失・盗難)ことを考慮してみれば、外国人にとっては、日本語は一般的ではないのです。その反対で、英語は公用語なので、広まっています。だから、日本語と比較すると、偽のサインを記入することも困難ではありません。このようなことから、日本語で署名している方が不正に使用される可能性が低くなります。しかし、それでもなお、紛失・盗難が心配になってしまう人は、現在では、顔写真の入っているクレジットカードもあるということなので、それを使ってみるのも良いと思います。

今日のお勧め記事 ⇒ クレジットカード申請時の注意点

クレジットカードは、日常的な生活で十分に役に立ちます。しかし、旅行に出掛けた時は、さらに便利に利用することができます。だから、海外旅行に出掛けるために、クレジットカードを取得している人が増えてきているということです。退職や転職などによって、まとまった時間が取れるようになったので、旅行や留学に行く人が増加しているようです。しかしながら、旅行や留学に行く人がクレジットカードを申請する場合には、気を付けるべきことがあります。それは、就職しているかどうかということが、クレジットカードの審査基準の一つに含まれているからです。言い換えれば、学生や無職の人は、審査が通りにくくなるのです。