トップ クレジットカード.comについて 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

クレジットカード.com > 国際ブランドの選び方

国際ブランドの選び方

最近発行されているクレジットカードは、ほとんど全て国際カードと提携を結んでいます。カードを入手する時には、どの国際カードにするかを選択できる場合があります。そのような場合は、VISAかマスターカードのどちらかを選択することによって、クレジットカードを使用している生活では、支障をきたしてしまうことはないです。このような2つの国際カードが世界2トップのシェアになっています。だから、ほとんど全てのクレジットカード加盟店が参加しているので、支障をきたすことなく使用することが可能です。

そしてまた、海外に頻繁に出かける人にとっては、少し不利になってしまうカードが、日本唯一のJCB国際カードです。その不利な理由としては、提携している加盟店の数のことです。だから、海外の大手の主要販売店では問題なく使用することができます。こだわりがないのであれば、VISAかマスターカードと記憶しておけば良いでしょう。海外へ行かない人の場合では、JCBでも十分ということです。特に、JCBは日本のブランドということなので、日本国内においてのサービスが特に充実しているということです。

クレジットカードを利用するために必要なことは、カードを利用したいお店がカード会社に加盟していなければならないということです。だから、「国際カード」というものは、全世界的に加盟店があるので、世界中どこでも使用できる凡用性の高いカードです。最近の国際カードと呼ばれているものとしては、「VISA」「MasterCard」「JCB」「アメリカンエキスプレス」「ダイナースクラブ」の5つがあるということです。クレカに「VISA」「MasterCard」、「JCB」などのようなマークが付いていれば、「VISA」「MasterCard」「JCB」と提携していることになります。「VISA」「MasterCard」「JCB」などの世界中の加盟店のどこであってもカードの使用が可能ということです。

世界には5つの国際ブランドがあります。それは、「VISA」「MasterCard」「JCB」「Amex」「Diners」です。皆さんはどのような基準でカードを選択しているのでしょうか。これは選び方の方法や大したことの無いお話です。クレジットカードを申し込む時には、「VISA」「MasterCard」「JCB」の中で国際ブランドを選択できる場合があります。しかしながら、選択できるということで、どれにするか迷うことがあるのです。現実的にお客様からどのカードが有効的な活用が出来るのか問われる場合があるのですが、どのカードが良いということは特に無くて、一概に言い切れないと考えられます。

今日のお勧め記事 ⇒ ゴールドカードについて

ゴールドカードというものは、クレジットカード会社の規定によって、多少の違いがあります。しかし、大体30歳くらいの人は、ゴールドカードの入会資格を持つことができるようになります。30歳ならば、ゴールドカードの一枚も所持していても良い年齢なのかもしれないということです。しかしながら、ゴールドカードの場合では、年会費については、一般的なカードと比較すると、高く設定されているのです。だから、高額な年会費を支払うだけの見返りがあるかどうか調査する必要性があります。クレジットカードでのゴールドカードの利点は、所持している場合によるステイタスの高さと充実されているサービスがあります。