トップ クレジットカード.comについて 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

クレジットカード.com > 審査で調べられること

審査で調べられること

クレジットカードを手に入れる前に、カード会社はあなたが信頼できる人かどうかを調べます。信頼できる人は代金を支払うことができる人ということになります。クレジットカードの審査の内容としては、本人の氏名・住所・電話番号・家族の有無・貸付金の有無・勤務先・生年月日・年収などがあります。それに加えて、あなたの身分を証明できるもの(免許証・保険証など)が必要になります。このような情報を元にして、カードを発行するかどうかをカード会社が決定します。

クレジットカードは、以前では、銀行のカードの届出印と口座番号だけで容易に作れました。しかし、2003年に本人確認法が施行されたので、クレジットカードを申し込む時に、本人の確認方法が非常に複雑になりました。そしてまた、以前に作成していたクレジットカードを使って、一回でも支払いが遅れてしまった時には、信用情報機関にあなたの情報が記入されている可能性が高いということです。このような事になった場合には、所定の条件をクリアできたとしても、信用情報機関の情報によって、クレジットカードを作ることが不可能になる場合もあります。

消費者金融系のキャッシングについては、銀行・信販系と比較してみると、少し金利が高い可能性があります。しかし、比較的に審査が簡単というようなメリットも多くあるということです。これは、きちんと代金を返済していれば、限度枠が上がっていくのが早いです。さらに、初回の融資も手早く審査されるので、急いでいる人にとっては、好都合なキャッシングなのです。消費者金融連絡会各社の平均においては、審査に通過できる人は申し込みをした中で、約6割となっているのです。属性モデルは、キャッシングの審査する方法の一つです。しかしながら、審査を行う場合に、「同一の属性モデル像の人は同一人物と判断される」ということが多いことが属性モデルが見落としてしまう点です。

例をあげれば、以前にずさんな利用の常習者が、キャッシングを申し込んだ人に近いと判断して抽出されたモデル像とします。そのような場合には、必ずしもキャッシングを申し込んだ人がずさんな事をしているということではないのですが、こうした時には、システムによって、申し込んだ人はずさんと判断されてしまうケースがあります。消費者金融であっても、キャッシングの審査でかなり属性が悪質な場合には、融資を断ることになります。大手キャッシング会社プロミスにおいては、2004年3月期の成約率は58%です。これは半分弱の人が融資を断られているということになります。

今日のお勧め記事 ⇒ クレジットカード申請時の注意点

クレジットカードは、日常的な生活で十分に役に立ちます。しかし、旅行に出掛けた時は、さらに便利に利用することができます。だから、海外旅行に出掛けるために、クレジットカードを取得している人が増えてきているということです。退職や転職などによって、まとまった時間が取れるようになったので、旅行や留学に行く人が増加しているようです。しかしながら、旅行や留学に行く人がクレジットカードを申請する場合には、気を付けるべきことがあります。それは、就職しているかどうかということが、クレジットカードの審査基準の一つに含まれているからです。言い換えれば、学生や無職の人は、審査が通りにくくなるのです。