トップ クレジットカード.comについて 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

クレジットカード.com > クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み

クレジットカード会社としての収益源になるものは、主に分割払いをした時の利息(手数料)と加盟店による手数料になります。消費者(カードを所持している人)が代金を支払う方法には、一括払い・分割払い・リボ払いというような種類があることは知っているはずですね。この中で、分割払いやリボ払いを利用する時には、商品の代金と手数料(利息)を合わせて、カード会社に支払うシステムになっているのです。クレジットカード会社の収益源になるのは、この手数料になります。

最初に、クレジットカード会社は、カードの加盟店の募集を始めます。加盟店になることができれば、加盟した店に様々な利点がある場合があります。そしてさらに、クレジットカードには、分割払いができるようになります。そのことによって、一般的には、買うことができない高額な商品であっても、分割払いを行うことによって、購入することができるようになります。このことはどのようなことを意味しているかというと、一人当たりが購入している商品の単価が上がることになります。これによって、カードの加盟店の売り上げが増加していくことになります。

クレジットカードのクレジット(信用)を意味しているものは、クレジットカード会社が、会員を信用(credit)しているということになります。このようにクレジットカードの会員を信頼しているので、会員が加盟店で商品やサービスを買った場合に、その代金を一時的に支払うのがクレジットカード会社です。そして、クレジットカードはその現金の代わりになってくれるものです。クレジットカード事業というものは、会員・加盟店・クレジットカード会社の三者によって、成り立っているのです。

そして、クレジットカードは、支払いの一時的な肩代わり以外にも、キャッシングの機能があります。だから、急な出費・給料日前・指定講座の残高がない場合に現金を入手できるというメリットがあります。クレジットカード会社が一時的に代金を支払うということは、会員側にしてみれば、クレジットカード会社に借金をしていることになってしまいます。それゆえに、返済ができる能力を持っているかどうかを、クレジットカードを作る時に、必ず問われることになります。

今日のお勧め記事 ⇒ ゴールドカードについて

ゴールドカードというものは、クレジットカード会社の規定によって、多少の違いがあります。しかし、大体30歳くらいの人は、ゴールドカードの入会資格を持つことができるようになります。30歳ならば、ゴールドカードの一枚も所持していても良い年齢なのかもしれないということです。しかしながら、ゴールドカードの場合では、年会費については、一般的なカードと比較すると、高く設定されているのです。だから、高額な年会費を支払うだけの見返りがあるかどうか調査する必要性があります。クレジットカードでのゴールドカードの利点は、所持している場合によるステイタスの高さと充実されているサービスがあります。