トップ クレジットカード.comについて 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

クレジットカード.com > クレジットカードとは

クレジットカードとは

クレジットカードのクレジットを日本語に翻訳すると、信用・信頼という意味になります。すなわち、クレジットカードは、信頼できるあなたにカード会社がお金を支払いますというようなカードのことです。だから、カード会社は、必ずあなたがカードを入手する前に、審査を行うことになっているのです。その審査の内容は、あなたが信頼できる人であることと、お金を返還することができる能力があることです。現在では、このような審査は、10分程で終わらせることが可能な会社もあるのです。

現金をちょうどその時に所持していない場合でも、商品を買うことやサービスを受けることが可能になるカードをクレジットカードと呼ばれています。クレジットカードの定義は、現金に置き換えることができる決済の手段です。これは、後払いすることによって、商品(サービスも含まれる)を購入することができるカード(システム)です。クレジットカードは、所持していれば、とても便利なカードです。海外で使用する場合では、安全で信用されるカードと言えます。しかしながら、クレジットカードの仕組みや歴史は、広く知られていません。もともと、最初に使われたクレジットカードは、どのような仕組みなのでしょうか。

最初にクレジットカードが使用されたのは、オイルカード(ガソリンを買うためのカード)といわれています。そのカードは、アメリカで1920年代に石油会社が発行しました。そして、日本においては、1960(昭和35)年に日本ダイナースクラブが設立されました。続いて、1961年にジャパン・クレジット・ビューロー(現ジェーシービー)が設立されました。しかしながら、クレジットカードが本格的に広く行き渡ることになったのは、1968(昭和43)年以降のことで、都市銀行が本格的にクレジットカードの普及を取り組み始めてからということです。銀行は、クレジットカードを普及させることによって、取引先層を拡大させることや流動性預金を獲得させることになるのです。だから、各々の銀行はクレジットカードを普及させることに真剣に取り組み始めました。

しかしながら、アメリカのテロが原因となって、以前から比較してみると、クレジットカードの審査は厳しくなってきています。平成15年1月にテロを行うための資金を受け渡しすることを防ぐために、本人確認法が施行されてから、以前と比べると、審査が厳重になってきています。会社を退職する前に、クレジットカードを1枚だけでも、持っておいた方が良いでしょう。無料で入手できるようなカードを探してみましょう。このような目的であっても、当サイトをご覧になることによって、あなたに適合しているカードを見つけることができるのであれば、この上ない喜びです。

今日のお勧め記事 ⇒ クレジットカード申請時の注意点

クレジットカードは、日常的な生活で十分に役に立ちます。しかし、旅行に出掛けた時は、さらに便利に利用することができます。だから、海外旅行に出掛けるために、クレジットカードを取得している人が増えてきているということです。退職や転職などによって、まとまった時間が取れるようになったので、旅行や留学に行く人が増加しているようです。しかしながら、旅行や留学に行く人がクレジットカードを申請する場合には、気を付けるべきことがあります。それは、就職しているかどうかということが、クレジットカードの審査基準の一つに含まれているからです。言い換えれば、学生や無職の人は、審査が通りにくくなるのです。